梅田の乱視矯正手術

角膜をレーザーで削るレーシック。レーシックは近視治療というイメージが強いと思いますが、いろいろな視力回復ができます。乱視もその一つです。乱視には、正乱視と不正乱視があります。乱視とは、眼球のゆがみからくる焦点のぶれが原因で、正乱視は、光が2か所で焦点が結ばれてしまうもの、不正乱視はどこにも焦点が結ばれないものです。矯正器具を使うとなると、正乱視はメガネ、不正乱視はコンタクトレンズという限定されたものになってしまいます。そんな不便な乱視も、現在ではレーシックで矯正ができるようになりました。乱視でレーシックの手術を受ける場合には、適性検査を受けた後に医師の判断によってどのような手術が行なわれるかが決まります。乱視でレーシックの手術を行なう方法は主に4つの方法があります。まず一般的なレーシック、そしてイントラレーシック、エピレーシック、ラゼックという4つの方法です。矯正手術は、そのほかにも十数種類あるといわれているのですが、乱視でレーシックの方法を選ぶ場合には目の状態を見た上でカウンセリングをして選ばれるため、専門の指示や判断に従うことになります。乱視でレーシックを受ける際の事前の検査やカウンセリングの検査はほとんどのクリニックが無料で実施されています。梅田でレーシック治療を行なっている眼科クリニックはサイトなどでも探せますので、ぜひ納得いくカウンセリングを受けてからの手術をしてください。

 

大阪 レーシック手術

 

レーシック名古屋の口コミ

美容整形 大宮

美容整形 福岡